読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

清原逮捕のニュースを見て思った!芸人が覚せい剤をやらない理由

こんにちは。

野田クラクションベベーです。

 

昨日、清原が覚醒剤所持容疑で逮捕されましたね。

球界を代表する選手でも、そう言った悪事に手を染めてしまうとは悲しいです……。

 

音楽、スポーツ、女優、俳優などの各業界の人は覚醒剤大麻などに手を出しているニュースを良く見ます。

 

まぁ、どうしてそのような誘惑に負けてしまうのかわかりませんが、芸能人にはそれなりに苦労や苦悩が付きものなのかもしれません。

 

色々ネットサーフィンしているうちに気付いたことがあります。

芸人で、麻薬などに手を出している人っていなくないか……? という事実です。

 

そこで、成人式で友達と漫才をして会場を氷のような空気にした僕なりに理由を考えてみました。※これは、あくまで個人の解釈です。

 

清原逮捕のニュースを見て思った!芸人が覚せい剤をやらない理由

1.クスリをやる余裕があったら芸人をやめている

f:id:shimokitannchu:20160204005538j:plain

売れている一部の芸人を除き、大抵は貧乏な生活をしています。ネタを考えて、生活するためにバイトをする每日。一瞬のチャンスを夢見て、日々頑張っているんです。そんな、芸人がクスリをする暇も無ければ、買うお金だってないに決まってます。

 

2.芸人はモテない男が多いけど、奥さんがカワイイ

f:id:shimokitannchu:20160204005621j:plain

芸人が叩かれる時って女性関係だったり、痴漢だったりしますよね。

ただ、嫉妬するくらい芸人の奥さんは綺麗だし、美人な人が多くて羨ましいです。クスリをやらないのは、貧乏時代のころから支えてくれている奥さんや彼女に対しての敬意の表れなのかなって。とりあえず、芸人になりたい動機の1つでモテそうだからって有力な気がします。

 

3.クスリ=面白くない

f:id:shimokitannchu:20160204005711j:plain

1番の理由はこれに尽きるんじゃないかと思います。芸人は笑わせるのが仕事。漫才やコントに、覚醒剤大麻など話をされて笑えますか? クスリをプライベートでやっていて笑えますか? 答えはNOだと思います。

 

イスラム教徒の芸人、デスペラードのエマミがイスラムの話を皮肉がって言うのは、その人のバックグラウンドがあるし、お前が言うか! という部分があるから笑えるんです。それを、他の人がやったら笑えません。

 

ハゲネタだってそうです。トレンディーエンジェル、ギャロップ、マキシマムパーパーサムなどは、ハゲというネガティブな部分をポジティブに表現し笑いに変えています。

 

ただ、覚醒剤大麻を扱うネタはどういう角度でもつまらないし、滑ってます。人を笑わせてお金を貰っている以上、笑わせることができなかったら価値が無いんです。

 

ミュージシャンは、そう言った暗い部分なども表現することができるし、クスリをやることがかっこいいという風潮があるのかもしれないですね。海外では、マリファナは合法の場所だってありますしね。

でも、間違っちゃいけないのは日本では犯罪です。だから、捕まるし叩かれるんです。

 

まとめ

メディアって情報発信のツールとしては素晴らしいけど、気をつけないとやばいな。怖いなって思った。

 

 


すっちー&吉田裕 吉本新喜劇 『乳首ドリルすなw』

 

ドリルすんのかい。

 

【こちらも併せてどうぞ】 

shimokitannchu.hatenablog.com

shimokitannchu.hatenablog.com

 

20150603170512