読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

高畑裕太が四国八十八ヶ所巡りを「歩き」のみで結願できたら、全力で応援したいと思う。

f:id:shimokitannchu:20160921021136j:plain

こんにちは。

結願ホヤホヤの野田クラクションベベーです。

 

先日、こんな興味深いニュースを発見しました。

 

 

news.nifty.com

8月末にホテル従業員に対する強姦致傷罪で逮捕された高畑裕太が、無罪判決を受け釈放をされたのですが、なんでも、芸能界復帰を希望しているらしいそうです。まぁ、そんなことはどうでもいいのですが。

 

それよりも!!! 

反省した姿を見せるためにも、四国八十八ヶ所巡りを考えているらしいだと!?

 

絶対に車とか公共機関使うなよ! あと、ロープウェイも使うなよ! 最初から最後まで歩けよ!

 

と声を大にして言わせてください。

 

「お遍路」の捉え方は変わってきていて、自由に自分のスタイルでやる人が増えています。愛する家族のため、リフレッシュのため、故人をしのんで旅をする方など…。そんな中でも、1番多いのは「自分を見つめ直すため、自分探しの旅」だと思います。

この場合、高畑裕太も「自分を見つめ直すための懺悔の旅」になるでしょう。

 

恵まれた環境で育ち、うなぎ上りのようにテレビの出演をし、スター街道を歩いていた彼にも少なからず悩みはあったと思います。

ただ、どん底の生活や底辺な暮らしをしたことがない人間は、今置かれている状況がだれだけ「ありがたい」ことなのかを理解できていないんです。

 

現在の高畑裕太はどん底の状況にいるかもしれません。

しかし、高級ホテルのような病院で治療を受け心のケアをしているような覚悟では、芸能界復帰はおろか、お遍路だって最後までやり切ることは難しいと思います。

 

高畑裕太の母である淳子さんのメンツや芸能界のルールなどがあるかもしれませんが、がむしゃらに泥臭く生きてほしいです。

 

そのひとつのきっかけが「お遍路」だったら、それはそれでいいと思います。

ただし、最初から最後まで歩き、ホテルなどには泊まらず野宿してほしいです。きっと、自分の置かれている状況の「ありがたさ」に気づくはずだから。

 

もし、最初から最後まで「お遍路」を「歩きのみ」で達成したときには、世間は許さなくても自分は許したいと思います。

それだけ過酷だし「相当な覚悟と気合」がないとやり切ることができないと身をもって体感したので。

 

がんばれ! 高畑裕太!

お遍路はたくさんのことを教えてくれるはずだ! お茶の間を盛り上げてくれる日を楽しみにしています。

 

ささやかなメッセージを添えて、

以上、野田クラクションベベーでした。

20150603170512