読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

涙なしでは見れない!!カーナビ『ストラーダ』のWebムービーに感動した。

ライフスタイル

こんにちは。

野田クラクションベベーです。

 

今日は、泣きながらブログを書いています。

その理由はこちらの動画がきっかけです。

www.youtube.com

この動画はパナソニックのカーナビ『ストラーダ(Strada)』のWebムービーなのですが、少年野球が題材になっています。

 

私は現在、中学少年野球の指導をしています。そんな、私だからこそわかる視点で今回はこの動画の感想を話していきたいと思います。

 

涙なしでは見れない!!カーナビ『ストラーダ』のWebムービーに感動した。

設定がリアル

f:id:shimokitannchu:20150426231023p:plain

この、動画の主人公である翔太が所属しているチームは本当に実在するチームなんです。

埼玉の名門”日高アポロズ”こと日高ボーイズがモデルとなっています。全国大会でも何度も優勝経験のあるチームです。

僕が、現役時代に日高ボーイズのグランドに行った時は、同級生とは思えない体付きの子ばかりで、引いた記憶があります。

名門のチームで直向きに練習している姿が、リアルを生み出しています。

指導者をしているからこそわかる子供に対しての感情

f:id:shimokitannchu:20150426231147p:plain

 選手を全員出してやりたい。そんな気持ちは指導者をしている人なら誰しもが持つ感情です。しかし、そんな甘いことは言ってられません。試合には勝たなければならないのです。高校の監督の口癖で『試合に勝ったら選手のおかげ。負けたら全部僕の責任』と言っていました。今になってその言葉の意味がわかる気がします。だからこそ、子どもに嫌われるくらい練習させたり、怒ったりするわけです。それに、食らいついてくれれば子供の勝ち。食らいついてこれなかったら僕の指導に責任があると思っています。

中学野球、高校野球、指導者をしてみて思う親の偉大さ

f:id:shimokitannchu:20150426231210p:plain

いつになっても親は偉大だと思います。

自分も、中学の頃はうまくいかな時に親に暴言や物をぶつけたりして反発しました。でも、その裏側でどれだけ苦労させたかを思うと恥ずかしくなります。洗濯、お弁当、週末の野球の付き添いなど、たくさん苦労かけたと思います。その苦労に気づけたのは高校野球を引退した時でした。指導者になってからは、親御さんの悩みなどを聞いたりすることで、親って偉大だなって思うようになりました。

野球をやっている子どもに伝えたいこと

f:id:shimokitannchu:20150426232526p:plain

野球を嫌いにならないで欲しい。どんな形でもいいから野球と関わっていてほしい。

今はうまくいかなくても、続けることが大事。諦めないで続けて欲しいです。

 

参照元ストラーダ

 

 

 

 

 

20150603170512