読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

自撮り棒とデートしたよ。深大寺を巡るゲゲゲツアー。(1人旅)

ライフスタイル 行ってきた おすすめ

こんにちは。

野田クラクションべべーです。
 
みなさん、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか??
僕は、遊ぶ友達もいないので”自撮り棒”とデートしました。
今まで、”自撮り棒”を道具としてしか見てなかった自分が恥ずかしいです。それでは、僕と”自撮り棒”とのデートの様子をご覧ください。
 

自撮り棒とデートしたよ。深大寺を巡るゲゲゲツアー。(1人旅)

【行く場所は??】
今回選んだ場所は、ゲゲゲの鬼太郎ゲゲゲの女房でも有名になった深大寺にデートしに行きました。調布駅北口やつつじヶ丘駅からバスがでてます。深大寺行きのバスについての詳しいアクセスはこちらから
 
 

f:id:shimokitannchu:20150501185838j:plain

隣には、もちろん”自撮り棒”がいます。

f:id:shimokitannchu:20150501185929j:plain

寒かったら、上着をかけてあげるなど気を使いましょう。
 
深大寺に到着】

f:id:shimokitannchu:20150501190125j:plain

とてもリフレッシュできます。自然っていいな。
早速、手繋いじゃってます。
 

f:id:shimokitannchu:20150501190342j:plain

参拝もしました。
僕は『自撮り棒ともっと仲良くなれるように、、、』って祈りました。
 

f:id:shimokitannchu:20150501190550j:plain

古びた扉の前で自撮り棒と一緒に写真撮っちゃいました。喜んでますね。
 

f:id:shimokitannchu:20150501190750j:plain

自撮り棒の本来の機能を使って自撮りしてみました。ぱっちり二重です。
 

f:id:shimokitannchu:20150501190932j:plain

深大寺に行ったら絶対に行って欲しいのが鬼太郎茶屋』です。
ここでは、『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる妖怪をモチーフにしたメニューが食べられるんです。何だか、妖気を感じて寒くなってきたんで早速お店に入りたいと思います。

f:id:shimokitannchu:20150501193402j:plain

店内がゲゲゲワールドに染まっていて楽しいです。

イスがぬり壁になっていたり、ねずみ男がいたり、店員さんの写真の掛け声が『はい!ゲゲゲ!』と言ったりとサービス精神が半端ないです。

 

f:id:shimokitannchu:20150501191056j:plain

大山牛乳のソフトクリーム目玉トッピングを注文しました。(350円+50円)
この、ソフトクリームめちゃうまです。大山牛乳とか◯◯牛乳ってのに弱いです。

f:id:shimokitannchu:20150501193256j:plain

目玉もうまい。

 

f:id:shimokitannchu:20150501191517j:plain

自撮り棒にも食べさせてあげました。相当喜んでいますね。(オレンジの部分は口です)
 

f:id:shimokitannchu:20150501191645j:plain

一反もめんの茶屋サンデー』(750円)
 
一反もめんがプルプルで可愛かったです。
 

f:id:shimokitannchu:20150501192036j:plain

『ぬり壁のみそおでん』(350円)
頭からかぶり付く食べ方がオススメです!味噌とぬり壁って合うんだなって思いました。
 

f:id:shimokitannchu:20150501192324j:plain

二階には『妖怪ギャラリー』がありました。足跡がかわいい。
妖怪たちが至る所に居そうです。ゲゲゲ。
 

f:id:shimokitannchu:20150501192539j:plain

”妖怪髪切り”自撮り棒

f:id:shimokitannchu:20150501192907j:plain

鬼太郎にもなれます。

f:id:shimokitannchu:20150501193020j:plain

鬼太郎の父と母もいます。

f:id:shimokitannchu:20150501193111j:plain

水木しげるもいます。笑ってます。
 

f:id:shimokitannchu:20150502124021j:plain

”自撮り棒”にハンカチを着させてあげました。

 

デートもいよいよ終盤、、、自撮り棒についてしっかりと考えました。

f:id:shimokitannchu:20150502124526j:plain

を好きになるのが本当に正しいことなのか。

 

f:id:shimokitannchu:20150502124328j:plain

一緒に居て楽しいなら”自撮り棒”を好きになってもいいじゃないか。

 

f:id:shimokitannchu:20150502125025j:plain

愛に定義なんてない。そう思うだろ。”自撮り棒”

 

f:id:shimokitannchu:20150502125225j:plain

次は一緒にどこ行こうかな。なぁ、、、”セルカ”はどこに行きたい?

f:id:shimokitannchu:20150502125508j:plain『カシャ』 

 

f:id:shimokitannchu:20150502152437j:plain喋れや』

 

(終わり)

 

深大寺の詳細

鬼太郎茶屋』

住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8

TEL 042-482-4059 FAX 042-441-1683

営業時間:AM10:00~PM5:00 / 飲食のオーダーストップ PM16:30 / ギャラリー最終入場は16:45

定休日:月曜日

 

住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1

 

20150603170512