読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

壁No.050 愛が溢れている壁

f:id:shimokitannchu:20150522083804j:plain
愛が溢れている壁
 
僕の名前はケンタ。どこにでもいる小学生だ。うちの家族は、父、母、妹、祖父、祖母で構成されている。
 
小さい頃から、両親は共働きで忙しく、祖母が面倒を見てくれていた。そう、おばあちゃんっ子というやつだ。
 
祖母は、明るい性格で僕が落ち込んで帰ると歌ったり、踊ったりして笑わせてくれていた。小さい頃はそれが嬉しかったが、中学校に入ると恥ずかしいと思えて来てしまった。
 
ある日、友達と喧嘩した日に落ち込んで帰った。
その様子を見た祖母は『悩んだらアカン〜悩んだらアカン〜人生悩まず、これ舐め〜て』と言って金環のど飴をくれた。
僕は、それに腹を立てて金環のど飴を思いっきり投げ捨てた。
 
そして、次の日祖母はこの世を去った。
 
次の日、頭の中がパニックになり自分を責めた。
 
そして、昨日投げ捨てた金環のど飴の裏側を見るとメッセージが書かれていた。
"ケンちゃん、笑顔を忘れちゃダメよ"
 
涙が止まらなかった。祖母が自分を1番見てくれていたことも知っていた。素直になればよかった。
 
あの日のことは、今でも忘れていない。今は、人を笑顔にする仕事をしている。
 
 【昨日の壁】

 

shimokitannchu.hatenablog.com

 

 
20150603170512