読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

アメリカ横断記〜2日目in フィラデルフィア・ボルモチア

f:id:shimokitannchu:20150702091005j:plain

こんにちは。

野田クラクションベベーです。

 

 昨日の夜は、あんまり寝れなく体調はバッドですが、頑張りたいと思います。昨日は、ニューヨークにいたのですが、そこから移動をしフィラデルフィア・ボルモチアに行きました。

 そもそも、何のことかわからない人はこちらのリンク先からどうぞ

liginc.co.jp

 

アメリカ横断記〜2日目in フィラデルフィア・ボルモチア

 本日は、フィラデルフィアにまず来ました。恥ずかしながら、初めて聞いた地名でした。全米5位の都市だそうです。

 ここで、有名なものといえば映画ロッキーの有名なシーンで、階段を登りガッツポーズして『エイドリアーン!!!』というシーンがあります。それをしてきました。色んな人がエイドリアーンと言っていました。

 また、一番感動したのがイースタン刑務所でした。こちらの刑務所には、あの有名なアルカポネも収容されていたということで有名です。刑務所の形が、真ん中の看守塔を中心に枝分かれしている作りになっています。つまり、四方八方から逃げられないような作りになっているんですね。

 自分が捕まるとしたら、どんな罪だろうか?と想像してみました。

1 痴漢

2 喧嘩

3 痴漢

 痴漢が二回も出てきてしまいました。アメリカにいても、通り過ぎる女の子を見るとついつい見とれてしまいます。かわいいなーとか、付き合いたいなーとか、、、。そんなことは置いといて、イースタン刑務所は霊感ある人は行くと見えるかもしれません。そんな、場所です。

 

 場面は変わり、ボルモチアに来ました。

こちらも、最古の都市の一つで、港町です。すごく綺麗なところで、感動したのですが、一番印象深かったのが、ゴミが落ちていないというところでした。街並みも、すごく綺麗で富裕層が多いと思いました。ただ、アメリカの人は本当に親切です。何か困っていたら、”Are you Alight?"とすぐに来てくれます。些細なことだけど、日本に戻ったら(戻れたら)僕も人を気遣えるように頑張りたいと思います。

 

 アメリカは本当に広い。果てしない自然が広がっている。そんな土地に僕はいる。

果てしない道のりをゆっくり、ゆっくり時間をかけて回りたいと思う。べべ旅は、まだまだ始まったばかりだ、、、。

 

【本日の記事】

towerrising.liginc.co.jp

 

 

【過去の記事はこちらから】

shimokitannchu.hatenablog.com

 

 

 

20150603170512