読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

本物のヒッピーを見て気づいた。僕は楽して生きたいだけなのかもしれない。

f:id:shimokitannchu:20150807200354j:plain

こんにちは。
野田クラクションベベーです。
 
アメリカ横断をした際に色んな人々を見てきました。特に印象深いのはヒッピーと呼ばれる人たちです。
僕は、東京にいる頃ヒッピーになりたいと言っていました。それは、半ば冗談でしたが半分憧れでもありました。
 

本物のヒッピーを見て気づいた。僕は楽して生きたいだけなのかもしれない。

【たくさんのヒッピーを見てきて思った事】

f:id:shimokitannchu:20150807200427j:plain

 ヒッピーはホームレスのようですが、生きる希望は見失っていません。自分の考えをただ単に尊重していてそれを形にして生活をしているだけなんだって。クズのような人間と思われるかもしれません。それでも、俺たちは生きているんだ今を大事にしているんだ。そんな印象でした。
 
ゆとり世代はヒッピー??】
 ゆとり世代とヒッピーは似ているという記事をたまたま見た。
ゆとり世代は「ヒッピー」に似ている?精神的な充足を求める若者たち

www.hanakuro.jp

 
この記事を見てなるほどね!と思うことが多く書いてあった。
集団生活=シェアハウス
ナチュラリズムー=田舎暮らし、自給自足で生きる
趣味に生きる=「自分の好きなように生きたい、制度に縛られたくない」
自分探し=バックパッカーで世界を旅する
 
 この四つは今の学生などは憧れている人が多いと思う。
それは、テラスハウスみたいな生活をしていみたい。田舎で誰にも縛られずに自由に生きたい。とりあえずやりたいことがないから、自分のやりたいことを探しに海外に行って色んなものを見てみたい。SNSなどを見ているとそのような、楽観的な考えをしている人が多い気がするなという印象を持ちました。
 
【それって本当にヒッピーになりたいの?楽したいだけじゃないの?】

f:id:shimokitannchu:20150807200452j:plain

 この記事を見た後に、色々考えてみたんですがただ単純に辛いことから逃げているだけなんじゃないかと思いました。
そのような事をしたいなら、それなりに覚悟を持たなきゃいけないし、デメリットまでちゃんと考えているのかが心配になる。ヒッピーはヒッピーなりに本気の覚悟を持っているし、社会から見放されてもいいと思っている。それが、コミューンというグループを形成したり、イーストジーザスの猛暑の中でアートな作品を作って暮らしたりしている訳だ。
 楽して生きることなんて存在はしないのだ。ヒッピーはヒッピーなりに覚悟を持っている。だから、僕にはその覚悟がないから一生懸命に働きたいと思う。
 
 
20150603170512