読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

壁No.105 二話鳥な壁

f:id:shimokitannchu:20150816121952j:plain
二話鳥な壁

こけこっこーという声で目が覚める。
それが人生に置いて幸せなことなんじゃないかと思う時がある。

第二話 "鳥"の気持ち
僕は鳥、あなたから見たら僕はご飯かな?
僕は鳥、籠の中ではいつも1人ぼっち。
僕は鳥、みんなが僕を見ている。
僕は鳥、籠から出して来た。
僕は鳥、自由が訪れた。
僕は鳥、暑い。
僕は鳥、熱い。
僕は
ボクハトリイマハモウイナイ。

20150603170512