読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

映画館でサクサク系のお菓子は食べにくいからポップコーンを食べさせて

くだらないお話

f:id:shimokitannchu:20150903003655j:plain

こんにちは。

野田クラクションべべーです。

 

 映画は映画館で見る派です。というのも、スクリーンに向かって大勢の人が見ている。っていうのが好きなんですよね。演劇や野球の試合なんかも一緒だなって思います。1つの作品をみんなで共有するのが好きなんですよね。

 

 映画は誰と見るかで印象が変わってきます。

 1人で見る映画は、作品にのめり込むことができるし内容が入ってきやすいし、友達と見ると作品の感想を見終わった後に共有できます。それぞれの楽しみ方があるので、映画って飽きないんだな〜って思ってます。

 

 7,8歳の時にバグズ・ライフ』を家族で観に渋谷の映画館に行った時の記憶が蘇りました。お菓子をむさぼっていると、隣のおばちゃんに『僕だけじゃないのよ』と言われ、バグズライフの内容全然覚えていません。恐怖心って怖い。それからは、サクサクのお菓子に手を出せなくなりました。ポテチを筆頭に、じゃがりこコアラのマーチなどはもってのほかで。TOPPOやプリッツも難しいラインでした。スルメ系などはチュパチュパする恐れと匂いで嫌われる可能性があるので諦めていました。

 

 そんなある日転機が訪れました。それは”ポップコーン”との出会いです。弾けるような笑顔で僕を見つめるポップコーンに心を持って行かれました。コーラーとポップコーンを持って自分の席へ。そうして、予告編を見ながら一口。あれ?手が止まりません。二口、三口、、、。気づいたらポップコーンは無くなっていました。しかも誰にも怒られずに。

 

 塩、キャラメルの2種類がベタだとは思いますが、僕は見る映画によって変えています 。変える基準は内緒です。

 

そんな話をしていたら、映画が見たくなってきました。そうだな〜今日の気分はスタンド・バイ・ミーでもなく、ラッシュアワーでもないな。そうだ『チョコレート・ドーナッツ』でも見ようかな。

 

 

20150603170512