読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでいい野田クラクションベベー

”日々の暮らしにメリット”をそんな気持ちで執筆しています。

アメリカ横断を考えている人にオススメする!ポケットwifiの利用方法と注意点

f:id:shimokitannchu:20150802043335j:plain

こんにちは。
野田クラクションベベーです。
 
 最近、アメリカの事ばかり書いているんですが、許してください。だって、1カ月の間アメリカに居てアメリカのことばかり考えていたんだからしょうがないと思うんですよね。なので、今回はアメリカ横断で使ったwifiについて書きたいと思います。
 

アメリカ横断を考えている人にオススメする!ポケットwifiと利用方法と注意点

【前提】
 アメリカ横断をすると言っても、ネットを使わずに横断する人も多くいると思います。
ただ、今回はネットを使ってブログなどを書きながら横断する人向けに書きたいと思います。
 
【そもそもネット環境さえ整っていればどうにかなる】
 実際に横断して、翻訳アプリやグーグルマップを使えばそれなりに対応できると思ったわけです。
 ただ、二つともネット環境がないとフルに使うことができません。そこで、便利になってくるのがwifi、つまりネット環境を整える必要があるんです。
 
【具体的に必要なもの】
▼ポケットwifiについて
ーアメリカでポケットwifiを使う場合は2通りのパターンが選べます。
 
1 ー日本からレンタルwifiを持っていくー
ー1番楽で快適にアメリカ横断をすることができるので、レンタルしていくことをオススメします。
なお、USデータという会社のwifiを使ったのですが、とても早く作業が難なくこなせました。ただ、グランドサークルなどの自然が多いところなどは、電波が入りにくいです。
 自然を見るときは、ネットなどは忘れて五感で体感してください。
 
ー値段は1日どれだけ使っても980円ー
ー今回は、ネット環境がとても大事だったので少し値段が張っても、このプランを選びました。
保険などフルパックで利用して約36500円くらいでした。制限を気にしないで使えるという点では、本当に楽でしたね。車の中でも、テントの中でもどこでもネットが使えるっていうのは素晴らしいことです。ツイッターフェイスブック、インスタグラム、ブログの更新がリアルタイムで行えたのもこいつのおかげです)
 
 
2 ー現地でプリペイド式のwifiを買うー
 ー僕がなぜプリペイド式の事を説明できるのかというと、レンタルしたwifiが動かなくなってしまい対策としてこの手段を選択しました。
 海外でwifiをレンタルするのは面倒くさそう、、、と思うかもしれませんが、安心してください。意外と簡単にできるんです!
 
◎STEP1 BEST BUYに行こう!
 ーBEST BUY(http://www.bestbuy.com)という日本でいうヨドバシカメラみたいな大型家電量販店に行ってプリペイド式のwifiルーターを買います。
 色んな会社のwifiがあるんですが(日本でいう、docomo,au,softbankみたいなイメージ)オススメはverizonという会社のwifiです。値段は少々高いかもしれないんですが、アメリカのネット回線の中で一番シェアされています。ダントツです。
 
STEP2 verizonのショップに行って手続きをしよう!
 wifiの本体を買ったからといって、いきなり使えるわけではありません。アクティベーションをしなければなりません。この手続きは、best buyでもできるのですが僕の担当の人はよくわかっておらず時間がかかった上に、間違った手続きをしてすごく大変でした。
 verioznに行って、アクティベーションをして欲しい!と頼むとすぐにやってくれたので、二度手間にならなくって済むのでオススメします。verizonはアメリカ全土でシェアされているくらいなので、ある程度の都市に行けばお店はあるのでご安心を。
 
※注意して欲しいこと
 こちらは、上記のwifiと違ってプリペイド式です。90ドル分をアクティベーションすると、10GBまで使うことができます。
 ただ、ブログで写真をアップロード、動画のアップロードなどを頻繁に行うとあっという間に使い切ってしまいますのでご注意してください。複数人数で利用する場合も要注意です。

 特に、グーグルマップで地図を利用すると相当通信料を使ってしまうのでご注意してください。まじで、気をつけてください。

 
【まとめ】
 以上が僕がアメリカで使ったポケットwifiです。verizonがなかったら、ベベ旅は更新が出来ていなかったんじゃないかと思いますね。
 
 ただ、アメリカのwifi環境は日本よりもはるかにいいです、というのも、スターバックスマクドナルドでは無料でwifiが飛んでいます。他にもちょっとイケてるカフェなどでもwifiが使えたりもします。また、ニューヨークなどの都心などでは駅でwifiが使えたりもしましたね。ブログなどの更新をしないで、最低限のメールやSNSなどをするだけでいいという人はwifiは要らないかもしれません。
 
 一つだけ補足すると、山道など電波が入らないところは、必ずあります。(アメリカは思った以上に広いので)そんな時に、グーグルマップにばかり頼っていると焦ったり、パニックになったりします。そこで、大事にして欲しいのはコンパスを使って目的地が東西南北のどこに向かっているのかを把握することです。自分が西に行きたいのに、東に向かっていたら大変です。(僕は、当初グーグルマップに頼ってばかりでダメダメでした)昔の人は、地図とコンパスだけで進んでいたって考えると尊敬しちゃいます。
 
 ネットに頼るのは良いことなんですが、最低限、地図を読んだり、コンパスを使えるようになれば標高が高くなっているから夜は寒いなとか、山道に突入するからガソリン入れといたほうがいいなとか応用が利くようになると思うので。
 
 それでは!
 
20150603170512